コストダウンを図るには|引越し業者を選ぶヒント

新しい住まいに住むために

男性

一連の流れ

引越は、長い人生のうち何回か必ず経験するものです。単身の引越は自分で出来る場合も多いですが、結婚し家族が増えると、自力での引越が大変になってきます。特に子供がいると、荷物も増えるため、引越業者へ頼むのが一般的です。業者へ引越しを頼む際には、まずは無料見積もりをしてもらう必要があります。荷物の多さや大きさ、引越先の家の形状、当日の時間指定をするかしないかでも料金は変わります。他にも運ぶ場所が1階か2階かというだけでも変わる場合があるため、きちんと査定してもらうようにしましょう。査定後に頼む業者が決まったら、当時までにある程度荷造りを済ませておきます。そして当日業者が到着したら、もう一度細かな打ち合わせを行い、段取りを決めます。もって行くもの、もって行かないものなどをしっかりと伝え、財布などの貴重品は自分で持つようにすると安全です。ダンボールや家具は家の外に出しておき、運ぶのをスムーズにしておきます。転居先へ付いたら、運ぶ場所を指示し、荷物を運んでもらいます。作業が終わったら、新しいキズがないかどうかきちんとチェックしておきましょう。あとでトラブルになることを避けるためです。全ての引越が済んだら、業者の車両をチェックし忘れ物がないか必ず確認します。全てのチェックが終わったら、料金を支払います。振込みや、前払いの業者もあるので、支払い方法は事前に必ず確認しておきましょう。このようなプロセスで、引越業者による引越は完了します。スムーズに行えるように協力することが大切です。